iOS アプリ開発に関連するトピックを提供しています。

ConsoleAPI で swift でも console.log を使用する

Chrome DevTools (Javascript) の Console API を参考に、swift でも各種情報をコンソールに出力する ConsoleAPI フレームワークを作成しました。

github.com

ConsoleAPI をアプリに組み込むと、Webアプリのように console から始まる各種関数を使用することができます。

ログ出力

ログレベルを指定して、文字列をコンソールに出力します。 Xcode のコンソールでは出力の色分けができないため、ログレベルに応じた絵文字を先頭に付与します。

console.log("Hello, Logs!")   // Hello, Logs!

console.info("This is info.")    // ℹ️ This is info.

console.debug("This is debug.")  // ▶️ This is debug.

console.warn("This is warn.")    // ⚠️ This is warn.

console.error("This is error.")  // 🛑 This is error.

カウント

簡易的なカウンターを利用できます。

console.count()  // Global: 1

console.count() // Global: 2

console.countReset()

console.count() // Global: 1

グループ

Xcode のコンソールでは出力内容を折りたたむことができないため、グループごとに字下げして出力します。

console.group() 
console.log("This is log.")
console.groupEnd()
console.log("This is log.")

// 🔽
//   This is log.
// This is log.

経過時刻

time から timeEnd までの経過時間を出力します。

console.time()

console.timeEnd()   // Global: 0.123

配列や辞書を表形式で出力します。

console.table([1, 2, 3])

// (index) Values
// ------- ------
// 0       1
// 1       2
// 2       3